And Protector

And Protectorですが、cosmicnoteから新作シングルCUTをリリースしました。
思い出話を中心に書こうと思います。

活動初期から弊レーベルにて三作品のリリースに関わらせていただきました。
それぞれ個人的にも色んな想いがあります。

彼らとの出会いから書くと、長くてキモくなると思います。
はじめは僕が20歳ぐらいで、ツトムが高校生ぐらいの頃。
ツトムは僕の同級生二人とSCREAMOバンドpeter in the jawsというバンドを組んでた。(初代Voはbattery飯田氏という今となればレジェンド)
そのバンドのレコーディングをやらせていただいたり、stereo typeの企画に出てもらったりしました。それから2、3年後ぐらい、ツトムが新しいバンドを組んだという事はなんとなく知り、なんとなく音楽性が変わっていた。ただ、今思えば、個人的にははじめのデモとAnd Protector EPはアートワーク含めpeter in the jawsの流れを感じてる。
最近APを知った人は、如何なる手段でPITJもディグってから、And Protector EPを聴いたら、より楽しめると思います。
その頃僕はstereo typeやIZU YOUNGという企画に携わったり、レーベルを始動しweaveをリリースした頃。

レーベルに関して右も左も分からなかったし、知名度全くなかったけど、一緒にやりたいと言ってくれて、
EPはちょっとハマれなかった部分もあるけど、同郷であり、期待も込めてリリースに至りました。
その頃は今のThe Restaurantぐらいの感覚でAPと接して、偉そうに老害してました。
ただちょっと違うのは彼らは初めから自立していたし、スタイルがぶれない。
僕らが好きな音楽にも完全に寄り添いはせず、一線を置いていた。
好きなものは好き、嫌いなものは嫌い。その基準が独自の感性で、そこがまたかっこいいと思っている。
そして根本にハードコアが大好きって部分が、現在の彼らを形成していると思う。

Lime Greenリリースの頃、ツトムがボーカルでSinkerのmash-DがギターのLifefocusというハードコアバンドを組んだんだけど、
僕は掛け持ち故、And ProtectorのLime Greenは彼らを確立させたんじゃないかと思っている。
まあ、メンバーが安定してなくて、掛け持ちしてたって本人は言ってたけど、
そういったフラストレーションをちゃんと消化してる感じがするのがLime Greenだ。
元々持っていた独自性がちゃんと集約した名盤だと思う。

そんでもって昨年リリースのCOLD。これまた歯が痛くなる名盤。
リリース後、気づいたらメンバー務以外変わってたけど、
それまた色んな感情が個人的には渦巻きます。
やっぱ個人的には飛びぬけて一番好きな作品。学園通りにてがフェイバリットすぎる。
Jマスシスにも届いて欲しい熱くて骨太なインディーロック。

ちょっと文章まとまらなくなってきました…。
兎に角ここまで素晴らしいバンドになると思わなかったし、
ただのフアンです。
ユニオンのオンラインで7’付き買おうと思ってたんだけど
ネットで買えずへこんでるなうです。
週末にはbachoとのダブルレコ発2マンが三島ゴリラハウスで!
ソールドとの事ですが当日券が出るかもとの事です!
まさかゴリラハウスでこんな日が来るとは
誰も思っていなかったと思います。
AP半端ないって。

そんなこんなで、まあ基本的には彼らと僕とは関係変わらずだと思います。
あと弊レーベルからの三作品は基本的には再プレス無しの予定です。
EPとLime Greenは既にレーベル在庫無し、
店頭在庫等も少なくなっておりますので、まだの方は是非。

Leave a Reply